胡蝶蘭を知る

胡蝶蘭を贈る意味。縁起が良すぎる花言葉と共に解説します

胡蝶蘭はお祝いの席でもお悔やみの席でも、どちらにもピッタリのお花ですよね。

特に開店祝いなどのお祝いの席でよく見かけることがあるのではないでしょうか。

 

では、「胡蝶蘭を贈るということはどのような意味を持っているのでしょうか

本記事では、それぞれの色の胡蝶蘭の花言葉を紹介しながら、胡蝶蘭を贈る意味を考えていきたいと思います。

 

胡蝶蘭の花言葉の意味

胡蝶蘭には、縁起が良い2つの花言葉があります。

 

1.「幸福が飛んでくる」

日本では昔から、蝶は縁起のいいものとして伝えられてきました。

胡蝶蘭はその名のとおり、蝶を連想させ、「蝶がひらひらと幸福を運んでくる」というイメージからこの花言葉が付けられました。

 

2.「純粋な愛」

西洋での花言葉である「Love(愛)」が由来となっています。

もともと花言葉自体が西洋文化ですので、胡蝶蘭以外にも西洋の花言葉を参考にしているものも多いようです。

 

ちなみに西洋では、胡蝶蘭には、以下のような花言葉が持たされています。

西洋での胡蝶蘭の花言葉

Love(愛)

Beauty(美)

Luxury(高級、豪華)

Refinement(優雅、上品)

これらの花言葉は、胡蝶蘭の学名である「Phalaenopsis aphrodite」(ファレノプシス・アフロディーテ)に由来しています。

「Phalaenopsis」というのは「蛾のような」という意味で、日本と同じく、その蝶のような形状からつけられました。

そして、花言葉に由来しているのが「aphrodite」。

聞いたことがある方もいるかもしれませんが、アフロディーテはギリシャ神話の愛と美の女神のことです。

女神の名が付くことから、「愛」や「美」だけではなく「高級」や「上品」という花言葉もつけられたようです。

 

話を胡蝶蘭の日本の花言葉に戻しましょう。

色にかかわらず、すべての胡蝶蘭はこの2つの花言葉を持っています。

胡蝶蘭の花言葉

幸福が飛んでくる

純粋な愛

 

そして、これが胡蝶蘭の面白いところで、色によってはさらに他の花言葉を持っています。

どの色がどんな花言葉を持っているのか。

それぞれの色ごとに花言葉を見ていきましょう!

 

白のミディ胡蝶蘭

白の胡蝶蘭には「清純」という花言葉があります。

白い胡蝶蘭は、その見た目のイメージから清純無垢という言葉がピッタリですね。

 

つまり、白の胡蝶蘭の花言葉は全部で3つあることになります。

白い胡蝶蘭の花言葉

幸福が飛んでくる

純粋な愛

清純

 

そんな白いミディ胡蝶蘭は、結婚祝いや母の日のプレゼントにピッタリです。

 

ピンクのミディ胡蝶蘭

ピンクの胡蝶蘭には「あなたを愛します」という花言葉があります。

まさにこの可愛らしい色のとおり、贈る相手への温かな愛情のイメージです。

 

つまり、ピンクの胡蝶蘭の花言葉は全部で3つあることになります。

ピンクの胡蝶蘭の花言葉

幸福が飛んでくる

純粋な愛

あなたを愛します

 

この「愛」という言葉の解釈は広い意味でされています。

もちろん異性への愛情もそうですし、親しい人・尊敬する人への親愛の「愛」でもあります。

プロポーズにも良いですし、母の日や結婚記念日などにもぴったりな胡蝶蘭です。

 

青色のミディ胡蝶蘭

青色の胡蝶蘭には「」「尊敬」という花言葉があります。

つまり、青色の胡蝶蘭の花言葉は全部で4つあることになります。

青の胡蝶蘭の花言葉

幸福が飛んでくる

純粋な愛

尊敬

 

青色の胡蝶蘭は「ブルーエレガンス」と呼ばれ、非常に貴重です。

日本で生産している農園はただ一つということはご存知でしたか?

青い胡蝶蘭の花言葉・値段は?ブルーエレガンスって知ってますか?

続きを見る

青い胡蝶蘭は昔は存在しておらず、千葉大学の研究室が世界で初めて誕生させました。

 

黄色・紫色の胡蝶蘭

白・ピンク・青以外の色の胡蝶蘭には特別な花言葉はありません。

ですので、例えば黄色や紫色の胡蝶蘭の花言葉は全部で2つとなります。

黄色・紫色の胡蝶蘭の花言葉

幸福が飛んでくる

純粋な愛

 

ただし、黄色の花は昔から商売繁盛の願掛けがされています。

また、紫色の花からは上品さを感じることが出来ますね。

ですので、お店の開店祝いや長寿のお祝いなど、紫色・黄色の胡蝶蘭を贈るのにぴったりなシーンも数多くあります。

 

胡蝶蘭を贈る意味

では、胡蝶蘭を贈る意味を考察していきましょう。

大きく分けて以下の2つの観点から意味を見出せると思います。

  • 胡蝶蘭の縁起の良い花言葉
  • 胡蝶蘭の上品で豪華な見た目

昔から現在までお祝いの席などで贈られ続けているのには理由がありますね。

贈ることの意味を理解したうえで、胡蝶蘭を選ぶとお相手にもより想いが伝わると思いますよ。

 

花言葉から考える「胡蝶蘭を贈る意味」

胡蝶蘭が縁起が良いのは、花言葉の影響もかなり大きいと思います。

特に「幸福が飛んでくる」という花言葉は、お祝いの席ではもちろん、お悔やみの席でも、遺族の方々に対しての幸福をお祈りする意味でもかなり適している花だといえると思います。

また、「純粋な愛」であったり、白色の「清純」、青色の「」、ピンクの「あなたを愛します」というのは、結婚祝いに送るのはもちろん、新婦さんのブーケや髪飾りにもぴったりです。

さらに、「愛」は「敬愛」の意味もあり、親しくしている人や尊敬している方へのお祝いとしても喜ばれる花言葉でしょう。

 

受け取るお相手が胡蝶蘭の花言葉を知っている可能性はあまり高くないかもしれません。

ですが、贈る側の私たちが、胡蝶蘭の縁起が良くて温かい花言葉をしっかりと理解し、意識して贈ることで、お相手のお祝いやお悔やみの気持ちにさらに寄り添うことが出来るのではないでしょうか

「言霊」という言葉もあるように、目には見えないけれども、相手にとって良いことが起きるよう祈る

胡蝶蘭を贈る意味はこんなところにあるのではないでしょうか。

 

見た目から考える「胡蝶蘭を贈る意味」

胡蝶蘭の特徴といえば、優雅で上品な見た目ですよね。

大輪の胡蝶蘭であれば、その花の大きさも特徴的だと思います。

 

胡蝶蘭を贈るときの視覚的な意味は以下のようなものが挙げられるのではないでしょうか。

  • 見た目が華やかなので、慶事がある場所を彩る
  • 目立つので、慶事があったことを周囲に知らせられる
  • 飾ってある胡蝶蘭の数で、人脈の広さをアピールできる

 

特に開店祝いでは目立つことが重要で、社長の就任祝いなどでは人脈の広さのアピールもかなり重要ですね。

さらに、スタンドフラワーやブーケのように、切り花ではないので、長く楽しめるところにもメリットがあります。

そして、水やりの頻度は1週間に1度ほどと手がかからず、花粉や香りが少ないところも長所です。

 

上記を考えると、胡蝶蘭を贈ることはお祝いの気持ちを伝えるだけではなく、目立つなどの物理的なメリットもありながら、手間いらずで長く楽しめることなど、贈り先のお相手の負担にならないようにする優しさも含まれていると感じます。

 

胡蝶蘭を贈ることは相手を想うこと

いかがでしたでしょうか。

すべての胡蝶蘭には「幸福が飛んでくる」「純粋な愛」という花言葉があり、それに加えて、白・ピンク・青の胡蝶蘭にはそれぞれの花言葉があります。

 

また、胡蝶蘭の見た目の優雅さ、上品さはお祝いの気持ちを引き立ててくれるだけではなく、周りから目立たせたり、人脈をアピールしたり実用的な意味も持ち合わせていました。

 

胡蝶蘭を贈る意味をしっかりと理解し、お相手にあなたの気持ちがちゃんと伝わると良いですね!

 

また、こちらの記事では、胡蝶蘭の相場とおすすめの贈り方を解説していますので興味があればご覧ください!

胡蝶蘭の値段相場は?|贈る相手別の相場もまとめました!

続きを見る

 

あなたにも幸福が飛んできますように!

本日はこれで以上です。

ありがとうございました!

-胡蝶蘭を知る
-, , ,

© 2020 胡蝶蘭のトリセツ Powered by AFFINGER5