胡蝶蘭を処分する

開店祝いの胡蝶蘭をいつまで飾ればいいか悩んでいるあなたへ

出典:https://nubow.co.jp/

お店の新規オープン、おめでとうございます。

というのも、この記事を読んでくれる方は、最近自分のお店をオープンさせた方が大半です。

そして、皆さん同じ悩みを抱えています。

それは、「開店祝いの胡蝶蘭をいつまで飾っていればいいのか」という悩みです。

 

開店祝いに胡蝶蘭をいただくのは非常に嬉しいですよね!

きれいで華やかな胡蝶蘭が何鉢も並ぶ姿は、まさに絶景といえるでしょう。

 

ですが、いただいた胡蝶蘭をずっと飾っておくわけにはいきませんよね

でも、片付けるのがあまりに早すぎると、送ってくれた人に対して失礼になってしまいます

 

本記事では、いただいた胡蝶蘭をいつまで飾っておけばいいのかということに焦点を当てて解説していきます

 

開店祝いの胡蝶蘭はいつまで飾ればいい?

そんな悩みに対する回答がコチラです。

ポイント

開店祝いの胡蝶蘭は1週間程度飾るのが一般的

少なくとも、胡蝶蘭についている立札やラッピングは1週間で外すようにしましょう。

 

理由が知りたい方のために簡単に解説していきます!

 

胡蝶蘭を飾る意味

まずは、胡蝶蘭を一定期間飾っておく理由を解説していきます。

 

そもそも、胡蝶蘭を飾ることで、主に以下のような効果があります。

  • 見た目が華やかなので、慶事がある場所を彩る
  • 目立つので、慶事があったことを周囲に知らせられる
  • 飾ってある胡蝶蘭の数で、人脈の広さをアピールできる

 

そして、送り主は、もちろんお祝いの気持ちを持って胡蝶蘭を手配していますが、送り主にもメリットがあります

  • 胡蝶蘭の立札で自社をアピールできる

 

もちろん、上のメリットのために下心丸出しで胡蝶蘭を手配している人はいないと思いますが。笑

 

上記のことを考慮しますと、もらってから一定期間は飾ったままにしておくのが良いということになります。

慶事を華やかに盛り上げてくれるだけではなく、周囲からも目立ちますし、送り主にもメリットがあるからです。

 

これが、送り主とあなたから見た「胡蝶蘭を飾る意味」となります。

 

なぜ飾る期間は1週間がいいのか

では、なぜ「1週間」飾るのが一般的なのでしょうか

 

一般的に、開店祝いでいただくお花は胡蝶蘭(鉢植え)が多いですが、スタンド花やアレンジメントなど生花が贈られてくることも多いですよね。

鉢植えの胡蝶蘭とは違い、生花の寿命は約1週間程度です

5日も経つとお花の元気がなくなってしまい、そのまま飾っておくと逆にイメージダウンになりかねません。

1週間程度でスタンド花などの生花は完全に片付けるのが一般的です。

生花だけ処分し、胡蝶蘭は飾ったままにしておくと、生花を贈ってくれた人が失礼に思ってしまうかもしれませんね。

ですので、生花を処分するタイミングで胡蝶蘭も一緒に片付けたり、他の場所に移動させるといいでしょう。

 

もちろん、胡蝶蘭しかいただいていない場合も、この「1週間」という期間を基準にして片付けてしまいましょう

少なくとも、ラッピングや立札は処分してしまったほうが無難です。

 

開店祝いの胡蝶蘭の片付け方

 

開店祝いを彩る役目を終えた胡蝶蘭の片付け方は主に2種類あります。

  • お店の中に飾る
  • 処分・回収してもらう

 

送り主様からのありがたいお祝いの気持ちではありますが、胡蝶蘭自体大きいので処分する必要も出てきてしまうかもしれませんね。

基本的に処分には1鉢数千円の費用が掛かってしまうので、数が少なければどなたかに持ち帰ってもらったり、お店に飾ったりするのが良いと思います。

 

それでももし処分する必要がある場合、実質無料で引き取り回収してくれるサービスもあるので活用するのも良いと思います。

お店に飾る場合と、処分する場合、それぞれについて簡単に解説していきます。

 

実質無料で回収してもらえるサービスなど、回収サービスの詳しい情報は【無料あり】不要な胡蝶蘭は回収してもらおう!引き取りサービス紹介 で解説しています!

 

胡蝶蘭をお店に飾る場合

胡蝶蘭をお店に飾る場合は、胡蝶蘭が快適に過ごせる以下の条件のスペースをおすすめします。

  • 年間を通して18~25℃がキープできるところ
  • 直射日光は届かず、カーテン越しの日光が当たるところ
  • エアコンの風が直接当たらないところ

 

また、胡蝶蘭は気温や直射日光の管理さえできれば、育てやすいお花ということは知ってましたか

水やりのペースは、なんと1週間に一度ほどで十分です!

ですので、1週間飾り終わって、片付けるタイミングで胡蝶蘭に水をあげましょう。

 

上手く育てると翌年も花を咲かせることが出来ますので、好きな人にはおすすめですよ!

 

胡蝶蘭を処分する場合

胡蝶蘭は、いくら手がかからない植物とはいえ、育てる自信がなかったり、いただいた胡蝶蘭の数が多すぎて処分が必要になる方もいると思います。

基本的には1鉢につき数千円かかってしまう胡蝶蘭の処分ですがある条件を満たすと実質無料で引き取り回収してくれるサービスを見つけました。

 

それがHitohanaというサイトの胡蝶蘭引き取りサービスです。

 

HitoHanaでは、引き取り可能エリア内の方限定で、以下のようなお買い物をすると、胡蝶蘭(+それ以外の観葉植物なども)の無料引き取りサービスを1回受けられます

 

引き取り可能エリア一覧

 

以下のいずれかの買い物をすれば引き取り無料

  1. HitoHanaでレンタルグリーンを契約する
  2. HitoHanaで植物などを追加で3万円分購入する
  3. HitoHanaで使える3万円分のギフト券を購入する

 

つまり、今後得意先や知り合いに胡蝶蘭を手配する予定がある場合、ギフト券の購入で、現在手持ちの胡蝶蘭を実質無料で回収してもらえるということです。

 

HitoHanaは胡蝶蘭の引き取りだけではなく、もちろん販売もしています。

口コミが非常に高いサイトですので、自社へ贈られてきた胡蝶蘭の引き取りと、今後の胡蝶蘭の手配をすべてHitoHanaに集約すると効率が良いと思います

 

✅HitoHanaの引き取りサービスの特徴

出典:https://hitohana.tokyo/collecting-inquiry

 

実質無料引き取りサービスの手順

ですが、HitoHanaの引き取りサービスのページはなかなか見つけづらいところにあるので、HitoHanaを使ったことがある人でもこの回収サービスを知らない人がいると思います。

 

HitoHanaで引き取りを手配する手順は以下のようになります。

 

step
1
お問い合わせフォームに必要事項を記入

こちらのURLからHitoHanaのサイトに飛び、下までスクロールし、お問い合わせフォームに必要事項を記入しましょう。

公式HitoHanahttps://hitohana.tokyo/collecting-inquiry

お問い合わせフォームはこちら

 

step
2
電話でお問い合わせ

フォームに記入・送信後お電話で状況の相談をしましょう。

電話番号はHitoHanaサイトに記載のある番号です。

 

step
3
申し込み

そして、最後に、以下のリンクから申し込みをします。

公式HitoHana:https://hitohana.tokyo/phalaenopsis/largeflower/pick-up-order-1

 

胡蝶蘭引取サービス用ポイント
33,000円(税込)

HitoHana以外の胡蝶蘭、観葉植物でもOK!

口コミ4.7の超便利サービス!

HitoHanaで回収してもらう

 

これで手続きは終了です。

HitoHanaは胡蝶蘭の販売でも非常に口コミが高いですが、引き取りサービスでも同じく口コミが非常に高いようなので安心ですね。

 

▼こんな口コミがありました!

胡蝶蘭引き取り

開業祝いで頂いた14株もある枯れてしまった胡蝶蘭の処分に困り果てていましたところこちらを見つけて利用させていただきました。
すぐに引き取りにきていただき本当に助かりました。ゴミとして捨ててしまうには気が引けたの大量過ぎてどうにもならなかったので引き取っていただけてありがたいです。
価格ですが、ギフト券として後で使用できるとの事でした。実質無料で嬉しいです。同業の開業した人に絶対教えようと思います。

 

HitoHanaの回収サービスの条件を満たしている場合は、HitoHanaで回収をお願いしなければ損です!

 

また、対象エリアに入っていない人でも、回収してくれるサービスが他にもあります。

気になる方はコチラの記事をチェック!

【無料あり】不要な胡蝶蘭は回収してもらおう!引き取りサービス紹介

続きを見る

 

開店祝いのお花はいつまで飾ればいいのか?まとめ

いかがでしたでしょうか。

胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」

鉢植えの場合は、良い根(良い値)が付く、商売の根を張るなど、非常に縁起のいい植物です。

送り主様からいただいたお祝いの気持ちへの感謝を忘れずにしたいですね。

 

一番はお店に飾ったり、誰かに持って帰ってもらうのが良いですが、それが難しいこともありますよね。

そんな場合は、感謝の気持ちは忘れず、HitoHanaでお得に回収してもらいましょう!

HitoHana回収サービスはコチラ

 

-胡蝶蘭を処分する
-, ,

© 2020 胡蝶蘭のトリセツ Powered by AFFINGER5