胡蝶蘭を贈る

開店・開業・開院祝いの胡蝶蘭の値段相場を調査しました!

お店の開店や病院の開院、その他開業などのお祝いで胡蝶蘭を贈ることも多いと思います。

ですが、そこで問題になるのがいくらの胡蝶蘭を贈ればいいかということですよね。

 

開店祝いの胡蝶蘭の相場を知っておくことは非常に重要です。

なぜなら、胡蝶蘭はいくつも手配されるのもであり、他の方からの胡蝶蘭と並んで飾られます。

その際、あなたが手配した胡蝶蘭だけ極端に小さいと、悪目立ちしてしまいます。

お祝いのつもりで送ったにもかかわらず、恥をかいてしまうことにもなりかねません。

 

ですので、今回は、開店祝いの胡蝶蘭の値段・サイズの相場を解説します。

この記事を読めば、恥をかくことなく開店祝いを贈ることが出来ますよ!

 

一般的な胡蝶蘭の相場

まず、胡蝶蘭を選ぶ際に注意すべきは、茎(株)の本数・花の数・花の大きさ・色の4項目あります.。

用途にかかわらず、一般的な胡蝶蘭の相場がコチラになります。

✅胡蝶蘭の相場

  • 茎の本数:3本(3本立ちと呼ぶ)
  • 花の数:30輪前後
  • 花の大きさ:大輪
  • 花の色:白色
  • 価格:20,000円前後

となります。

一般的な胡蝶蘭(大輪・3本立ち・30輪前後)

一般的な胡蝶蘭の相場について詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

胡蝶蘭の値段相場は?|贈る相手別の相場もまとめました!

続きを見る

 

開店祝いの胡蝶蘭の値段相場

では、開店祝いの胡蝶蘭はどのように相場が変わってくるのでしょうか。

胡蝶蘭ショップを運営する「日本胡蝶蘭」さんの注文実績調査によると、「開店・開業・開院のお祝い」の用途に手配された胡蝶蘭の価格の分布は以下のグラフのようになるようです。

出典:https://nihon-kochouran.com/

 

灰色部分が、すべての用途における割合を表しています。

一方、オレンジ部分は「開店・開業・開院祝い」用途に焦点を当てた場合の割合となります。

 

先ほどの説明にもあったように、全体(灰色)部分を見ると20,000円前後の割合がダントツに多いですね。

 

オレンジに目を移してみると、灰色と比較して30,000円前後の割合が低くなっていることがわかると思います。

一方で、「~20,000円未満」の割合が高くなっています

 

つまり、この結果から、開店・開業・開院祝い用の胡蝶蘭の値段相場は20,000円前後と考えて問題ありません。

 

ですが、一つ注意点があります。

それは、上のグラフの結果は「開店祝い」の結果が色濃く反映されてしまっていると考えられることです。

なぜなら、「開店祝い」は他と比較して絶対数が多いからです。

では、開院祝い、開業祝いはそれぞれどのような相場になっているのでしょうか。

 

開店祝いの胡蝶蘭の相場とおすすめ

開店祝いの場合は、上記で説明したように20,000円未満の胡蝶蘭が一般的です。

もちろん、開店するお店の業態にもよります。

例えば、高級飲食店や高級クラブなどの開店祝いには20,000円の胡蝶蘭では見劣りしてしまう可能性が高いです。

 

ですので、ますは「相場は20,000円前後」ということを理解しましょう。

そのうえで、お店の大きさや業態などを考慮してワンランク上の胡蝶蘭にするのか、もう少しコンパクトな胡蝶蘭にするのか考えていきましょう。

 

開店祝い用のおすすめの胡蝶蘭がコチラになります。

20,000円未満のおすすめ胡蝶蘭

\輪数が少ないコンパクトな3本立ち/

胡蝶蘭大輪 白 3本立ち 21輪前後 13,200円(税込)

HitoHana|公式

\リーズナブルなのに十分なボリューム/胡蝶蘭大輪 白 3本立ち30輪〜35輪前後 16,500円(税込)

HitoHana|公式

 

こんな口コミがありました

初めての利用・開店祝い

今回初めて利用させていただきました。不明な点があったため電話にて問い合わせさせていただきましたが、とても感じの良い対応で心配なくサイトでの購入にこぎつけました。種類も豊富でいろいろな場面で使えそうです。お届け先の方からも大変喜ばれこちらも大満足です。信頼のおけるお店で安心しました。お届けの写真まで見ることが出来こちらも満足でした。

 

基本的には21輪前後の胡蝶蘭で問題ないと思います。

他の胡蝶蘭と並ぶことを考えたとき、少しでも立派な印象を与えたいのであれば30~35輪前後の胡蝶蘭を選ぶと良いでしょう。

 

開院祝いの胡蝶蘭の相場とおすすめ

実は、開院祝いの場合も開店祝いと同様で一般的な相場の胡蝶蘭が好まれることは変わりません

ただ、送り主が大学病院や教授など、病院対病院であったり、医師対病院である場合(つまり送り主が病院関係者である場合)はランクを上げるのが一般的です。

一方で、送り主が病院関係者ではない場合は「開店祝いの胡蝶蘭の相場とおすすめ」でおすすめしている20,000円未満の胡蝶蘭で問題ありません。

 

病院関係者から開院のお祝いの胡蝶蘭を贈る場合、具体的には以下のものが喜ばれるでしょう。

 

ワンランク上の胡蝶蘭

 

こんな口コミがありました

何度か利用しております

開院のお祝いにお送りしました。
発送前にご丁寧に写真を送ってくださるので安心して利用させていただいております。先方にもとても喜んでいただけました。またの機会がございましたら、よろしくお願いいたします。

 

この2つの胡蝶蘭は、相場よりもワンランク上のものになります。

 

開業祝いの胡蝶蘭の相場とおすすめ

開業祝いは、事務所や事業所が開かれるときに送るものです。

開業祝いの特性上、会社対会社で胡蝶蘭を手配することが非常に多いです。

 

開業祝いの場合も基本的な相場は20,000円未満で変わりはありません。

一般的な値段の胡蝶蘭は「開店祝いの胡蝶蘭の相場とおすすめ」で紹介しています。

ただ、開業祝いに関しては営業的な側面も持っていることが多いので、通常よりワンランク上の胡蝶蘭が好まれることも多いです。

特に、重要得意先に対してはランクの高い5本立ちを手配すると喜ばれるでしょう。

 

ワンランク上の胡蝶蘭

こんな口コミがありました

得意先へ

開業祝いに使わせていただきました。仕上がりの確認写真、配達の完了のご連絡があるので安心です。
送っていただいた写真では、Web上の商品写真に負けない立派なお花で、大変満足です。ありがとうございました。

 

この2つの胡蝶蘭は、相場よりもワンランク上のものになります。

 

開店祝いの立札の文言と送るタイミングは?

お祝いに胡蝶蘭を贈るとき、問題になるのが立札の文言ですね。

開店祝いの場合は、「祝 御開店」で問題ありません。

一般的には「御祝」でも問題ないのですが、開店や開院、開業祝いの場合は「御祝」ではなく具体的に書くようにしましょう。

 

これで開店祝いの胡蝶蘭の手配は完璧ですね!

 

開店祝いの胡蝶蘭の相場がわかると安心ですね!

今回は開店祝いに送る胡蝶蘭の相場を解説してきました。

開店祝い・開業祝い・開院祝いで手配する胡蝶蘭は少し異なってくるので注意です。

また、立て札と送るタイミングも上記を参考にし、失敗のないように手配しましょう!

 

今回はこれで以上です。

ありがとうございました!

-胡蝶蘭を贈る
-,

© 2020 胡蝶蘭のトリセツ Powered by AFFINGER5