胡蝶蘭を贈る

就任祝い用の胡蝶蘭の値段相場を調査しました!

就任祝いに胡蝶蘭を贈ろうと考えている方も多いと思います

そこで問題になるのが、いくらの胡蝶蘭を贈ればいいかということですよね。

 

自分が手配した胡蝶蘭だけ大きすぎた場合はまだいいですが、小さすぎた場合は自分も相手も恥をかいてしまいますよね。

今回は、就任祝いの胡蝶蘭の値段や大きさの相場を調査しましたので解説したいと思います

 

一般的な胡蝶蘭の相場

まず、胡蝶蘭を選ぶ際に注意すべきは、茎(株)の本数・花の数・花の大きさ・色の4項目あります.。

用途にかかわらず、一般的な胡蝶蘭の相場がコチラになります。

 

✅胡蝶蘭の相場

  • 茎の本数:3本(3本立ちと呼ぶ)
  • 花の数:30輪前後
  • 花の大きさ:大輪
  • 花の色:白色
  • 価格:20,000円前後

 

一般的な胡蝶蘭(大輪・3本立ち・30輪前後)

一般的な胡蝶蘭の相場について詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

胡蝶蘭の値段相場は?|贈る相手別の相場もまとめました!

続きを見る

 

就任祝いの胡蝶蘭の値段相場

では、就任祝いの胡蝶蘭はどのように相場が変わってくるのでしょうか。

胡蝶蘭ショップを運営する「日本胡蝶蘭」さんの注文実績調査によると、「就任、栄転、昇進のお祝い」の用途に手配された胡蝶蘭の価格の分布は以下のグラフのようになるようです。

出典:https://nihon-kochouran.com/analysis/201903/

 

「~20,000円未満」の割合が最も多いこと、「~30,000円未満」「~40,000円未満」の割合が全体(灰色)よりも多いことがわかりますね。

また、「就任、栄転、昇進のお祝い」の中でも、社長就任のお祝い用途が最も多かったとのこと。

 

つまり、この結果から、特に社長の就任祝い用の胡蝶蘭の値段相場は20,000円前後と考えて問題ありません。

社長以外の就任祝い、昇進祝いに関してもこの20,000円前後というのを目安にすると良いでしょう。

ただし、特にお世話になっている方や、重要な得意先に対しては、通常のワンランク上の30,000円前後の胡蝶蘭を手配するのが無難なようですね。

 

就任祝いの胡蝶蘭のサイズ相場

さきほど、一般的な値段ものが一番人気ではあるものの、特に重要な方へのプレゼントはランクを上げるのが良いというお話をさせていただきました。

では、具体的にはどの胡蝶蘭を選ぶのが良いのかを見ていきましょう

 

最も無難な胡蝶蘭 ~20,000円未満

この2つの胡蝶蘭が、特に相場通りの価格・サイズのものです。

花の数の観点から、HitoHanaの30~35輪前後のほうがよりおすすめです。

 

ワンランク上の胡蝶蘭 ~40,000円未満

この2つの胡蝶蘭は、相場よりもワンランク上のものになります。

重要な得意先に対しては5本立ちを贈っても喜ばれると思います。

 

ちなみに、ショップ「HitoHana」は口コミも高評価が非常に多く、胡蝶蘭のコスパも良いため、非常におすすめです。

 

こんな口コミがありました

迅速に丁寧に対応してくださいました。

初めてネットでお花をお願いするので不安がありましたが、たくさんのレビューを参考にし、信頼のおける会社だとわかったので注文しました。

メールでの丁寧なやりとり、送ってくださる商品の写真やラッピング、立て札の写真も送ってくださいますし、発送しました→お届け完了しました。とのメールもくださいます。

次回からも安心して頼めます。大満足です。

 

就任祝いの立札の文言は?

お祝いに胡蝶蘭を贈るとき、問題になるのが立札の文言ですね。

就任祝いの場合は、「祝 ○○御就任」が一般的です。

 

お相手が就任される役職を確認し、後ろに「御就任」を付けましょう。

これで恥をかくことはありません!

 

また、メールでお祝いのメッセージを送る場合の注意点や例文をコチラの記事でまとめていますので、ぜひ活用ください。

社長就任祝いのメール例文。コピペでもOKなお祝いメッセージを紹介!

続きを見る

 

就任祝いの胡蝶蘭の相場がわかると安心ですね!

今回は就任祝いに送る胡蝶蘭の相場を解説してきました。

基本的には一般的なサイズ・値段の胡蝶蘭で問題ありませんが、重要な得意先に対してはワンランク上のものを手配するのが良いと思います。

また、立て札も上記を参考に、失敗のないよう手配しましょう!

 

今回はこれで以上です。

ありがとうございました!

 

-胡蝶蘭を贈る
-,

© 2020 胡蝶蘭のトリセツ Powered by AFFINGER5